会員資格・利用規約

渋谷スポーツ 会員資格・利用規約

1.総則

第1条(適用)

  1. 本規約は、アポロメディカルホールディングス株式会社( 以下「会社」という) が運営する全てのスポーツ施設( 以下総称して「本クラブ」という) を利用する会員に適用されるものとします。
  2. 日本語による規約と外国語による規約で、その解釈に疑義が生じたときは、日本語版を正本として全ての会員に適用するものとします。

第2条(目的)

  1. 本クラブは、会員が、本クラブ内の諸施設(以下「本施設」という)を利用して、心身の健康維持・増進、会員相互の親睦を図ることを目的とします。

2.会員

第3条(会員制度)

  1. 本クラブは、会員制とし、会員は、会社が別途定める会員資格の種類に応じて会社と契約を締結するものとし、本施設の利用範囲は、各会員資格の種類ごとに異なります。
  2. 会員の契約期間は、会社が別途定める月単位の期間とし、会社所定の退会手続が完了するまでの間は、当該契約期間は、自動更新されるものとします。
  3. 会員は、会社が別途定める手続により、会員種類の変更を行うことができます。又、プライベートロッカーやオプション等の変更についても同様とします。
  4. 会社は、本クラブの運営上必要であると判断したとき又は経済情勢等の変動に応じて、会員資格の種類を改廃することができます。当該事項の変更は、施設内の提示においてあらかじめ告知するものとします。

第4条(入会資格)

  1. 本クラブの入会資格を有する方は、以下の項目を全て満たす方とします。
    1. 年齢満18歳以上の方
    2. 本規約を承認し、会社の定める諸規則を遵守する方。
    3. 暴力団・暴力団員、その他これらに準ずる者等反社会的勢力(以下「反社会的勢力」という)、及び将来にわたりこれらに該当しないことを自ら保証する方。
    4. 外国籍である場合は、在留カード又は特別永住者証明書を提示できる方。
    5. 「他の会員に迷惑をかける恐れがない又は会員として好ましくない行為をしない」と会社が判断した方。
    6. 過去に本クラブや他の会員制スポーツクラブで除名処分を受けたことがない方(除名処分に該当する行為を行った結果、自ら退会した方も含みます)。なお、会社は、これらの方につきましても、過去の除名原因が明確であり、それが改善される等、会社が別途定める基準に照らして再度入会資格を認める場合もあります。
    7. 次のいずれかに該当し、会社が別途定める審査手続において入会資格が認められた方。なお会社は、一定の場合には、入会条件を定め、当該条件に同意をすることを前提に入会資格を認めることがあります。
    8. ・刺青やファッションタトゥーがある方
    9. ・集団感染するおそれのある疾病( 感染症・感染性皮膚病) の方
    10. ・身体的障害、傷病、高齢などにより施設を一人で利用できない方
    11. ・入会手続きの時点で妊娠している方
    12. ・上記の他、会社が審査を必要と判断した方

第5条(入会手続)

  1. 本クラブに入会を希望する方は、氏名、生年月日及び住所が記載されたパスポート、運転免許証、保険証等の本人確認書類を提示して、入会申込手続を行い、会社の承認を得た上で、会社が別途定める入会金、諸会費及び諸料金を納入することにより会員となります。
  2. 会員となる方は入会手続の際、氏名、生年月日、性別、電話番号(緊急時の連絡先も含む)、現住所、郵便物送付先(郵便物送付先を勤務先に指定した場合は勤務先名称と勤務先住所も含む)、及び諸会費・諸料金(以下「諸会費等」という)決済に必要な情報等を登録するものとします。これらの登録情報につき、会員となる方は、内容が正確であることを保証するものとします。
  3. 本クラブは、入会手続時に会員の顔写真を撮影し、当該写真を入会手続によって会員に付与された会員番号を付したデジタル情報として保存し、会員が本施設を利用する際の本人確認等に利用します。
  4. 会員資格を喪失した方が、再度本クラブに入会を希望する場合、会社は資格喪失理由如何によって、別途定める入会金及び諸会費等の割引を適用しない場合があります。5 未成年者が入会を希望するときは、本人とその親権者が連署した上で、入会手続を行うものとします。この場合、親権者は本規約に基づく会員としての責任を本人と連帯して負うものとします。
  5. 前各項に定める入会申込手続を行ったときであっても、会社が別途定める審査手続において入会が認められない場合があることを予めご了承ください。

第6条(会員証)

  1. 会社が会員に対して発行する会員証は、会社が会員に貸与するものとし、会員が、本施設を利用するときは、必ず会員証を携帯し、入退館時に提示していただきます。
  2. 会員が会員資格を喪失したときは、速やかに会員証を会社に返還していただきます。やむをえず返還できない場合は会員の責任において、会員証を切断する等利用不能の状態にして処分しなければならないものとします。
  3. 会員は、会員証を紛失したときは、速やかに所定の方法で必ず再発行手続を行っていただきます。この場合、再発行手数料を負担していただくことになりますので、ご注意下さい。
  4. 会員証は、本人のみが使用を許されたものであり、他人に対し、貸与又は譲渡することはできません。

第7条(入会金)

  1. 会員は、入会するときに、会員資格の種類に応じて別途定められる入会金を会社に支払うものとします。会員が一度支払った入会金は、会員にこれを返還しないものとします。

第8条(諸会費等)

  1. 会員は、会社が別途定める諸会費等を所定の方法で、所定の期日に会社にお支払いただくものとします。諸会費等にかかる消費税は、会員の負担とします。尚、消費税法の改正等により消費税率が変更される場合、適用日以降の期間に関する諸会費等に係る消費税については、前払金を含め法改正の内容に従い、会員は会社が定めた方法で差額を負担するものとします。
  2. 会員は、利用回数の有無にかかわらず、所定の退会手続を完了した退会月迄の諸会費等につきお支払が必要となります。
  3. 会員が諸会費等の支払を1ヶ月間滞納したときは、当該会員は、本施設の利用を行うことができなくなります。この場合であっても、未払分の諸会費等を全額お支払いいただくことになります。
  4. 一旦お支払いただいた諸会費等は、法令等の定め又は会社が認める理由があるときを除き、全額又は一部を返還いたしません。

第9条(入会金・諸会費等の変更)

  1. 会社は、本クラブの運営上必要であると判断したとき又は経済情勢等の変動に応じて、入会金、諸会費等の金額を変更することができます。当該事項の変更は、施設内の掲示においてあらかじめ告知するものとします。

第10条(届出内容変更手続)

  1. 会員は、入会手続時に、入会申込書に記載した内容及び本規約5条2項所定の登録情報に変更があったときは、速やかに各情報についての変更手続を行う必要があります。その後に情報の変更があった場合も同様とします。
  2. 会社は会員あてに通知を行う場合、会員から届出のある最新の連絡先に行うものとし、会員が連絡先の変更手続をしなかったときは、会社からの通知が到達しなくても、当該通知は、通常到達すべきときに到達したものとみなすこととします。

第11条(休会及び復会)

  1. 会員は、所定の書面を提出することにより、最長1年間とし、月単位で当会を休会することができます。ただし、電話、電子メール、ファックス等による申し出は受け付けられません。
  2. 会員は、各月3日までに休会の手続きを完了した場合は翌月から会員が指定する月までの期間、手続きの完了が3日以降になる場合は翌々月から会員が指定する月までの期間、それぞれ休会することができます。
  3. 第2項に定める休会開始日から休会終了日までの休会期間中については、会費の支払いを免れるものとします。ただし、休会開始日までの期間については、施設利用の有無を問わず諸費用の支払い義務を免れることはできません。
  4. 休会期間中の会員は、休会手続き時に申告した休会終了日前であっても所定の書面を提出して本クラブに復帰できるものとします。ただし、休会終了予定日前に復帰する場合は、口座引落再開までの復帰日以降の諸費用をお支払い頂きます。なお、休会から復帰する際は休会前の月会費額(税別)が適用されるものとします。
  5. 休会期間中の会員がその休会期間を延長しようとする場合は、休会手続き時に申告した休会終了日の前月3日までに所定の書面を提出して休会延長の手続きを完了させるものとします。ただし、延長できる期間は休会開始日から最長1年間までとします。
  6. 休会期間終了後は自動的に本クラブに復帰するものとし、会費の引落しが再開されます。従って、休会期間終了と同時に退会又は種別変更を希望する場合は、休会終了日の前月3日までに退会又は種別変更の手続きを行うものとします。

第12条(退会)

  1. 会員が本人の都合による退会をするときは、本人が退会希望月の末日迄(休業日の場合は前営業日)に本クラブへ来店し、所定の退会手続を完了する事により、当月末で退会をすることができます。退会手続の完了が退会希望月の末日を経過した場合、会員は退会希望月での退会ができず、退会希望月の翌月末日の退会となります。なお、退会手続の完了が退会希望月の途中であっても、会員は、退会月の諸会費等を退会月末日分まで全額お支払いただくことになります。
  2. 会員は、退会後も、未払諸会費等につき支払義務を負うものとします。
  3. 会員は、本条1項に定める方法によってのみ退会手続を行うことができ、代理人による手続又は電話、メールその他の方法による手続を行うことはできません。但し、入院、転居等会員本人の来店による退会手続が不可能等の特別の事情が認められる場合は、本条1項に定める方法以外の退会手続を認める場合があります。

第13条(会員資格の譲渡または貸与)

  1. 会員は、如何なるときも、その会員資格を他人に相続、譲渡又は貸与できません。>

第14条(資格停止・除名)

  1. 会員が以下の各号の一に該当するときは、会社は、当該会員に対し、資格停止又は除名の措置をとることができます。
    1. 本規約、その他会社が定める諸規則に違反したとき。
    2. 本クラブの名誉を傷つけ、秩序を乱したとき。
    3. 諸会費等の滞納、遅延等が繰り返されるとき。
    4. 入会に際し又はその他の手続に際して会社に虚偽の申告をしたとき。
    5. 会社が本クラブの会員としてふさわしくないと判断したとき。
    6. 反社会的勢力であることが判明したとき。
    7. 他の会員に対する迷惑行為及び本クラブの運営に支障を与えるような行為をしたとき。
    8. 第22条各号の禁止行為を行ったとき。
    9. その他、本条各号に準ずる行為をしたとき。
  2. 前項各号の一に該当し、除名とされた会員は、会社が認めた場合を除き、本クラブへの再入会及び立入りをすることができなくなります。

第15条(会員資格喪失)

  1. 会員は、次の各号の一に該当するときは、会員資格を喪失します。なお、会員資格の喪失時期は、会員につき当該事由が生じたときとなりますが、諸会費等は、当該事由が生じた月の末日まで発生します。
    1. 本規約4条で定める会員資格を欠いたとき。
    2. 本規約11条で定める退会手続が完了したとき。
    3. 本規約13条に基づき除名されたとき。
    4. 会員が会社の提携クレジットカード会社へ申し込んだ会費決済料金集金制度又はカードで諸会費等を支払う場合で、会社が提携クレジットカード会社より諸会費等の決済について契約不成立、解除又は無効の通知を受理したとき。なお、この場合、理由の如何に関わらず、会社が会員への事前通知を行うことはありません。
    5. 死亡したとき。
    6. 会社が本クラブを閉業したとき。

第16条(健康管理)

  1. 会員は、各自の責任において健康管理を行うものとします。
  2. 会員は、狭心症、心筋梗塞、脳疾患、てんかん、その他の疾病・身体機能障害により医師に運動や入浴を控えるように指示されたとき、又は本クラブの利用にあたり、治療中の疾病若しくは疾患の疑いが生じたときは、直ちに本クラブの利用を中止し、本クラブに申告するものとします。本クラブは、会員からの申告があったとき又は本クラブの利用中に疾病若しくは疾患の可能性が生じたときは、メディカルチェックの実施を勧告できるものとし、メディカルチェックの結果により、会社が本クラブの利用に差し支えがないことを確認するものとします。

3.施設利用

第17条(諸規則の厳守)

  1. 会員は、本クラブ利用に際して、本規約及び会社が別途定める規則、注意事項を厳守し、本クラブ内では本クラブの従業員の要請に従っていただきます。

第18条(入場禁止・退場・施設利用制限)

  1. 会社は、以下の各号の一に該当する方につき、本施設について、入場禁止、退場及び利用の制限を命じることができます。
    1. 本規約及び諸規則を遵守しない方。
    2. 反社会的勢力に属することが判明した方。
    3. 刺青やファッションタトゥーを露出した方。
    4. 酒気を帯びている方。
    5. 健康状態により、医師から運動や入浴を禁じられている、又は会社が運動をすることが好ましくないと判断した方。
    6. 集団感染するおそれのある疾病( 感染症・感染性皮膚病) の方。
    7. 妊娠中の方。
    8. 会社が、他の施設利用者との協調性に欠け、施設の秩序を乱したり、他の利用者に迷惑をかけると判断した方。
    9. 正当な理由なく本クラブの従業員の指示に従わず、本クラブの従業員を著しく困惑させる方。
    10. 過去に本クラブや他の会員制スポーツクラブで除名処分を受けた(除名処分に該当する行為を行った結果、自ら退会した場合も含む) ことが判明した方。
    11. 第22条(禁止事項)に該当する行為を行った方。

第19条(損害賠償責任の免責)

  1. 会員は、自己の責任において本クラブを利用するものとし、会社の責めに帰すべき事由が認められない限り、会員、本クラブの他の会員及び会員以外の第三者に損害が生じた場合にも、会社は何らの責任を負わないものとします。
  2. 会員が本クラブの利用に際して、会社、従業員、本クラブの他の会員又は第三者に損害を与えたときは、速やかに当該損害について賠償するものとします。

第20条(盗難)

  1. 会員は、本クラブに設置されているロッカー等を会員自身の責任と負担により使用するものとします。収納物の盗難・毀損その他本クラブの利用に際して生じた盗難・毀損等については、会社の責めに帰すべき事由が認められない限り、会社は当該損害につき責任を負わないものとします。

第21条(紛失物・忘れ物・放置物)

  1. 会員が本クラブを利用した際に生じた紛失物について、会社は一切の責任を負いません。
  2. 会員の忘れ物・放置物については、原則として2週間保管した後、本クラブが指定する警察署に届け出させていただきます。ただし、忘れ物・放置物が飲食物である場合は、衛生上の観点から即日廃棄させていただきます。

第22条(禁止事項)

  1. 本クラブ内及び本クラブ周辺における、会員の以下の各号の行為を禁止します。
    1. 動物を本クラブ内に持ち込む行為(ただし、身体障害者補助犬法で定められた盲導犬、介助犬及び聴導犬は除く。)。
    2. 刃物等の危険物を本クラブ内に持ち込む行為。
    3. 本クラブ内で喫煙する行為 ( 電子タバコ・無煙タバコを含む。)。
    4. 会社の許可なく本クラブ内で撮影・録音及び録画をする行為。
    5. 本施設・器具・備品その他会社が管理する物品を損壊し、又は持ち出す行為(損壊には、本施設内での落書きや造作も含む。)。
    6. 所定の場所以外での排泄行為。
    7. 他人、本クラブの従業員、本クラブ及び会社を誹謗、中傷する行為。
    8. 許可なく行われる、本クラブにおける物品売買、パーソナルトレーニング等の営業行為や勧誘行為及び営利・非営利を問わず行われる勧誘行為(団体加入の勧誘を含む) や政治活動、署名活動。
    9. 他の会員や本クラブの従業員の身体を押す、拘束する、殴打する、蹴り上げる等の暴力行為、又は暴言、恫喝、大声や奇声を発する、他人を睨む、行く手を遮る、襲いかかろうとする等の威嚇行為、その他物を叩く、投げる、壊す等、他人に恐怖を感じさせる危険な行為。
    10. 痴漢、覗き、露出等の公序良俗に反する行為。
    11. 他の会員や本クラブの従業員を待ち伏せる、尾行する、又はこれらの者に対して、執拗に話しかける等のストーカー行為。
    12. 正当な理由なく、面談、電話、その他の方法で拘束する等、本クラブの従業員の業務を妨げる行為。
    13. 他の会員の本クラブの利用を妨げる行為。
    14. 本クラブの秩序を乱す行為。
    15. その他、本条各号に準じる行為。

第23条(利用案内)

  1. 本規約に定めのない本クラブの運営事項については、本クラブ内の掲示又は利用案内若しくは会社が別途定める規則によるものとします。

4.施設営業

第24条(営業時間)

  1. 営業時間は、会社が別途定めます。

第25条(休館日)

  1. 本クラブは、会社が別途定める期間を年次休館(年末年始・夏季)とするほか、毎月末日をメンテナンス休館、施設点検日を定期休館とします。

第26条(休業)

  1. 本クラブは、以下の各号の一に該当するときは、本クラブの全部又は一部を休業することがあります。なお、休業が予め予定されているときは、原則として2週間前までに、所定の方法により会員に告知することにします。
    1. 気象、災害、警報、注意報等により、安全に営業を行うことができないと会社が判断したとき。
    2. 行政指導、法令等に基づく場合等、重大な事由により、止むを得ないと会社が判断したとき。
    3. 館内改装、施設の改造、修理、その他の工事により止むを得ないと会社が判断したとき。
  2. 前項において、本クラブの休業の措置が本クラブの一部にとどまるときは、会社は会員に諸会費等を返還しないものとします。なお、前項各号の事由による休業店舗のみ利用できる会員種類の会員の諸会費等については、以下のとおりとします。
    1. 月間16営業日以上全館休業した場合(前条に定める年次休館、メンテナンス休館、定期休館を除きます。本項において、以下同様とします。)は、該当月の諸会費等はいただきません。
    2. 月間9営業日以上15営業日以内全館休業した場合は、該当月の諸会費等の50%をいただきます。
    3. 月間8営業日以内の全館休業の場合は、所定の諸会費等をいただきます。

第27条(本クラブの閉鎖及び運営の廃止)

  1. 経営上の事情、災害等、その他本クラブ及び本施設の運営が困難と会社が判断したときは、会社は本クラブ及び本施設の全部又は一部の閉鎖及び運営の廃止をすることがあります。
    なお、閉鎖及び運営の廃止が予め予定されているときは、遅くとも1ヶ月前までに、所定の方法により会員に告知することとします。

5.その他

第28条(個人情報保護)

  1. 会社は、個人情報の取扱に関するプライバシーポリシーを策定し、本プライバシーポリシーを遵守するとともに、会員の個人情報をはじめとする全ての個人情報をより安全かつ適切に取り扱うことを宣言いたします。 プライバシーポリシーは、会社ホームページに掲示します。

第29条(規約の改定)

  1. 会社が本規約を改定するときは、改定日の遅くとも1ヶ月前までに、別途会社が定めた方法に従って、会員に告知するものとします。改定された規約は、改定日より全会員に適用されるものとします。

第30条(告知方法)

  1. 本規約における会員への告知方法は、本施設内への掲示及び、会社のウェブサイトへの掲載とすることとします。

附則

  1. 本規約は、2016年2月2日より施行します。

以上